サイエンスカフェ@上海は2013年4月〜2014年の3月まで活動していました。


おかげさまでたくさんのサイエンスカフェを開催することができました。
ありがとうございました。

なお、サイエンスカフェ@上海のメールのアカウントも閉じました。
このブログに掲載されているメールアドレスにメールをしても返事はありません。
ご理解ください。

本当にありがとうござました。

2014年03月09日

本当に最後のサイエンスカフェ@上海を開催します


こんにちは。
サイエンスカフェ@上海です。

昨年12月でサイエンスカフェ@上海の活動は終えましたが、
この度上海天文台の輪島さんがサイエンスカフェを上海古北で開催します。
これが本当に最後のサイエンスカフェ@上海の活動となります。

以下が開催内容の詳細です。

■日時: 2014年3月23日(日) 午後3時から午後5時まで
■会場: フィルカラースクール レンタルスペース
上海市水城南路17号 万科広場南楼4階405号室(水城南路×黄金城道)

■テーマ: 「ガリレオが見た宇宙、私たちが見る宇宙」

■話題提供者: 輪島 清昭(上海天文台)

■参加費: 30元(会場のレンタル費用、お茶菓子代に充当します)
■定員: 16名

参加を希望される方は、参加予定人数を記載したメールをサイエンスカフェ@上海の
アドレス( scicafeshanghaiあっとgmail.com )までお送り下さい。


ガリレオ=福山雅治じゃないですよ(笑)

16、17世紀を生きた科学者、ガリレオ・ガリレイ(イタリア人)です。
彼が人類で初めて望遠鏡を空へ向けて天体の観測を行いました。
以下詳しい話は当日の輪島さんのお話を聞いて下さい。

ちなみに、日本で初めて望遠鏡を覗いた人は徳川家康(orその身内)なのだそう。
1613年にイギリス国王から贈られたそうです。
(その望遠鏡は、愛知の徳川美術館にあるそうです)

じゃぁ、日本で最初に天体観測した人は?
僕は知りません(笑)。ただし江戸時代の人であることは確かです。
輪島さんなら知っているかも。


物知りの輪島さんが上海で最後に行うサイエンスカフェ。
12月の時の輪島さんの発表内容にも驚かせられましたが、今回の内容は?
ガリレオ・ガリレイや私達が見る宇宙とは?

実に興味深い。(by 湯川学)




posted by サイエンスカフェ@上海 at 14:08| Comment(0) | 開催案内 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。